アスカ工業株式会社
アルミニウム総合リサイクル 鋳造用アルミニウム合金地金
ISO9001認証取得工場
ホーム / 会社情報 / 当社の沿革

沿革

1934年-1974年 | 1975-1996年 | 1997年-現在

1934年-1974年 織物業から軽金属業へ転換

 アスカ工業は、1934年(昭和9年)に防虫網の製造を始め、1942年(昭和17年)に前身のココロの網株式会社として設立しました。 1958年(昭和33年)にアルミニウム二次合金工場を併設、その後分析技術の強化と製造工場の増強、海外原料の輸入体制確立を進め、 東海地区のトップメーカーに成長します。


年表

1934年(昭和9年) ココロ印防虫網製造開始

1942年(昭和17年) ココロの網株式会社に改組
天野半三 社長に就任

1945年(昭和20年) 織物製造を専業

1958年(昭和33年) アルミニウム二次合金工場を併設
取締役天野 久を米国業界視察に派遣

1961年(昭和36年) 西尾市寄住町泡原に軽金属工場を新設
アスカ工業株式会社と社名変更
アスカ・アルミニウムニュース発刊

1964年(昭和39年) 「アスカ・セミナー」第一回開催

1967年(昭和42年) 創立25周年記念式典挙行
織物工場閉鎖・軽金属工場増強
発光分光分析装置を導入
質量ともに東海地区のトップメーカーとなる


1969年(昭和44年) 天野 久社長に就任

1971年(昭和46年) 海上コンテナーによる原料入荷開始、海外原料の迅速な輸入体制確立
アスカ・アルミニウムニュース発刊10周年記念米国工業視察団派遣

1972年(昭和47年) 創立30周年記念式典挙行

1974年(昭和49年) 幹部社員米国・カナダ研修旅行/永年勤続社員香港旅行


1934年-1974年 | 1975-1996年 | 1997年-現在